• このエントリーをはてなブックマークに追加

フロントコアlv8-20日目/大尉:ミネバが主人公?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エースの叫び声が結構、ミネバさん(オードリー)関連が多いです。

宇宙世紀を知らない人はミネバさんが物語のキーを握る重要人物に感じているでしょう。

ミネバさんは一部を除いてちょい役です。話の流れをスムーズにするため、他の人の感情を表現するためにミネバさんを使うことはありますが、主人公クラスではありません。

と二時間かかけた力作を書いたのですが、エディタと記事のレイアウトの幅の差を忘れていて書いたので記事のほうがぐちゃぐちゃにorz

jpg化しておくのでよかったら見てね。

2015-07-12_103534

——————————————————-

ミネバ(オードリー) 関係者 主人公 内容
一年戦争 GDF ミネバ&ゼナお父さんと面会。声が大きすぎて泣いちゃう GDFミネバの父ちゃんお父さん GDFたかが一機のモビルスーツ

ミネバとは関係ありません。お父さんの言う「たかが一機のモビルスーツ」

お父さんはジオンのTOP3の一人。主人公アムロが所属する地球連邦の敵、オードリーは赤ちゃん。出撃するお父さんの悲壮感を作るために出演。

ビグザムに乗り込むお父さんの姿は、かっこよすぎます!

星の屑作戦 GDFガトーミネバとは関係ありません。 GDF コウ・ウラキミネバとは関係ありません。 お父さんのお兄さん一派が地球連邦に戦争を仕掛けます。このころ、ミネバは地球がコインより小さく見えるほど遠いところに小惑星アクシズで国の象徴として大切に育てられます。。
2015-07-12_095849成長するミネバ GDFシャアゲル目的もありますが、ミネバ個人にも健やかに成長してほしいと願っていたようです。 シャアはミネバを象徴として人類をニュータイプに導くこうと画策していたと思われます。ミネバはバイオリンをシャアに聴いてもらうことをうれしく思っていたそうです。

シャアは目的もってミネバを育てていましたが、だからといって、ミネバの人格をシカトしていたということではないようです。

ガザCハマーン一国の中心で愛憎と宮中の謀の中で育ったハマーンはミネバを道具としてしか見れなかったようです。 ハマーンのお母さんやお姉さんがミネバのお父さんが近い関係だったので、ミネバの世話役になりました。ハマーンは同じくミネバを世話をしていたシャアが好きになり、シャアがやろうとしていた人の確信を曲解。あきれたシャアはアクシズを出奔することになります。
グリプス戦争 グリプス戦争時のミネバ7年経ってちょっぴり大人になったミネバ。 GDFクワトロ交渉相手として謁見したシャア。しかしミネバは事態を把握できず、昔のように身内として接しようとします。後にバイオリンを聴いてもらいます。 GDFガンダムMKIIミネバとは関係ありません。 カミーユにとって、尊敬し人を導くべきクワトロ大尉(=シャア)が冷静さを失うという瞬間を見ることになります。
グリプス戦争時のミネバ最終局面で、何も聞かされていないのに、状況の不利を敏感に感じて泣いてハマーンを呼びます。 GDFハマーン戦力が高まったので、小惑星アクシズを地球に持ってきました。

ということになってますが、ハマーンがシャアに会いたかっただけです、そのため惑星ごと引っ越してきました

GDFカミーユZガンダムミネバとは関係ありません。 カミーユはとんでもないことをひたすらハマーンに言います。「 暗黒の世界に戻れ!ハマーン・カーン!!」

「お前は生きていてはいけない人間なんだ!」

そこまで人格を否定しなくても。

第一次ネオジオン抗争 グリプス戦争時のミネバほぼ出番はありません。 GDFハマーン主人公らにとってのラスボスとなります。ラスボスになってしまったので要所要所にしか出てこなくなります。

MSは乗り換えても良かったような気がしていますが、乗り換えるほども登場しませんでした。

GDFジュドーミネバとは関係ありません。 覚えている限りでは、ミネバとジュドーが接触したことはありません。
グリプス戦争時のミネバ物語のどこかで影武者とすりかえられたそうです。 GDFクワトロハマーンの元から救い出してどこかにつれてったそうです。 どこかのタイミングで連れて行ったそうです。
第二次ネオジオン抗争 グリプス戦争時のミネバまったく出番はありません。 GDFクェスドーガ関係者ではありませんが、乗せてみました。本当ならシャアです。 GDFジェガン主人公ではありませんが、乗せてみました。本当ならアムロです。 ミネバとはまったく関係ありません。
アクシズショック後 2015-07-12_094817すっかりレディになったミネバ。(乙女ver) GDFユニコーン行かせてくれ!でないとオードリーが!! 宇宙世紀の人物の中で実は一番流転してきたミネバ。自分の立場と少女としての気持ちをしっかり区切りをつけて物事に立ち向かいます。
2015-07-12_095408すっかりレディになったミネバ。(大人ver) GDFアンジェロアンジェロが大好きな「大佐」はミネバを利用しようとしています。 アンジェロが大好きな「大佐」はスペースノイド(簡単に言えば自国)の利益のためにミネバを利用し、アースノイド(簡単に言えば敵国)を切り捨てようとしていました。ミネバはその考え方を真っ向から否定しました
2015-07-12_101039お父さんとの比較。 2015-07-12_100723姫様! GDFユニコーンオードリーが!オードリーの!オードリーに! しっかりとした大人役として登場したマリーダさん。一年戦争から続く長い戦争の中で作られてしまった価値観と人類の業を背負っていました。

なお、最後の「アクシズショック後」は外伝小説が近年OVA化したものであり、その前までとは一線を画していると私は思っています。

ガンダムUCのレビューやってます。よかったら読んでみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です